加入は若年の時に

先ほども考えたように、生命保険への加入に関する問題は、可能な限り若い時に行っておくのなら、加齢になって、『いざというとき』が訪れてから慌てることもなく、安い保険料で一生涯の保障を受けることができます。その点を考えても、やはり若いうちからしっかりした人生設計を立て、その過程で、生命保険について考えることができるなら、より将来に対して、しっかり歩んでいる、ということができるでしょう。その点に関して、誰もが異なった価値観を持っていると思います。中には、生命保険に加入する必要性もない、と考えておられる方もおられると思います。それは間違った考え方ではありません。生命保険は必須ではなく、一つの選択肢だからです。しかし、それらを考えることすら放棄することは、得策ではありません。計画を立てることは、これからの人生を歩んでいくうえでも、その活力となり、道標となるからです。ですから、私達は、それについて、早めに考えておき、行える準備は行っておきたいと思います。

ちなみに、どの生命保険が、どのような特徴があるのか、という点は、インターネットで簡単に調べることができますし、資料も請求できます。また、保険のプロであるファイナンシャルプランナーへ相談するのもおすすめです。無料で相談ができ、中立的な視点からアドバイスがもらえるので、自分にあった生命保険を教えてもらえるでしょう。相談方法は窓口へ来店する方法もあれば、自宅やファミリーレストランなどに来てもらう訪問相談もあります。自分の都合や時間に合わせて、資料請求や無料相談を使い分けましょう。

LINK≪生命保険無料相談:保険GATE

Published by