何に備える保険か

生命保険は、一体何に備える為のものなのでしょうか。私達は誰しも、病気や怪我になる可能性があります。それらには絶対ならない、と自負していても、それを約束されている人はいません。誰もが等しくその可能性を持っており、しかも年齢を重ねることによって、それらのリスクが上がる、ということも理解しているでしょう。加齢になってからの病気は、生存率、死亡率の点で言っても、やはり若い時とは異なります。その点を考えると、様々な準備を行っておくことは、決して間違ったこととは言えません。その一つが、生命保険に加入する、またはそのことを考える、という点です。

生命保険は、いわば『万が一』のときのために備えるものです。誰しも万が一が訪れて欲しくは無いと思っていますが、誰にでもその可能性はありますので、それについて考えることは、無駄ではありません。生命保険と一口に言っても、様々な種類がありますから、どれに加入すれば良いのか、という点で迷われるかもしれませんが、最低限の、そして保険料がリーズナブルな保険に加入するか、またはある程度保険料が高額でも、保障内容がさらに充実しているものを選ぶか、という点は個人の判断に任されます。

Published by