加入は若年の時に

先ほども考えたように、生命保険への加入に関する問題は、可能な限り若い時に行っておくのなら、加齢になって、『いざというとき』が訪れてから慌てることもなく、安い保険料で一生涯の保障を受けることができます。その点を考えても、やはり若いうちからしっかりした人生設計を立て、その過程で、生命保険について考えることができるなら、より将来に対して、しっかり歩んでいる、ということができるでしょう。その点に関して、誰もが異なった価値観を持っていると思います。中には、生命保険に加入する必要性もない、と考えておられる方もおられると思います。それは間違った考え方ではありません。生命保険は必須ではなく、一つの選択肢だからです。しかし、それらを考えることすら放棄することは、得策ではありません。計画を立てることは、これからの人生を歩んでいくうえでも、その活力となり、道標となるからです。ですから、私達は、それについて、早めに考えておき、行える準備は行っておきたいと思います。

ちなみに、どの生命保険が、どのような特徴があるのか、という点は、インターネットで簡単に調べることができますし、資料も請求できます。また、保険のプロであるファイナンシャルプランナーへ相談するのもおすすめです。無料で相談ができ、中立的な視点からアドバイスがもらえるので、自分にあった生命保険を教えてもらえるでしょう。相談方法は窓口へ来店する方法もあれば、自宅やファミリーレストランなどに来てもらう訪問相談もあります。自分の都合や時間に合わせて、資料請求や無料相談を使い分けましょう。

LINK≪生命保険無料相談:保険GATE

何に備える保険か

生命保険は、一体何に備える為のものなのでしょうか。私達は誰しも、病気や怪我になる可能性があります。それらには絶対ならない、と自負していても、それを約束されている人はいません。誰もが等しくその可能性を持っており、しかも年齢を重ねることによって、それらのリスクが上がる、ということも理解しているでしょう。加齢になってからの病気は、生存率、死亡率の点で言っても、やはり若い時とは異なります。その点を考えると、様々な準備を行っておくことは、決して間違ったこととは言えません。その一つが、生命保険に加入する、またはそのことを考える、という点です。

生命保険は、いわば『万が一』のときのために備えるものです。誰しも万が一が訪れて欲しくは無いと思っていますが、誰にでもその可能性はありますので、それについて考えることは、無駄ではありません。生命保険と一口に言っても、様々な種類がありますから、どれに加入すれば良いのか、という点で迷われるかもしれませんが、最低限の、そして保険料がリーズナブルな保険に加入するか、またはある程度保険料が高額でも、保障内容がさらに充実しているものを選ぶか、という点は個人の判断に任されます。

その保険―待った!

あなたはすでに、何らかの生命保険に加入しておられるでしょうか。もし加入しておられるとしたら、どのような基準で加入する生命保険を決められたでしょうか。また、まだ加入しておられないとしたら、それにはどのような理由があるでしょうか。これらの質問に対してすぐに答えられる人は、自分の人生や将来に関して、ある程度は考えている人、ということができます。しかし、もしすぐに答えられないのであれば、もしかすると、自分の将来に関して、考える機会を、逸しているのかもしれません。それは、将来その時になって考えれば良いのではないか、と思われる方もおられるでしょう。生命保険に関しても、将来それが必要となったときに、はじめて加入すれば良い、と考えるかもしれません。

それは、決して間違った選択肢ではありませんが、生命保険を、早いうちに考えておくことには、確かにメリットがあります。生命保険は、若い頃に加入すれば加入するほど、毎月掛かる保険料が安くなる、というメリットがあります。逆に年齢をある程度重ねてから加入しようと思っても、保険料が高額になったり、そもそも加入できる保険が限られたりする場合がありますので、若いうちに考えておくことは大切です。

生命保険の重要性

人が『生きる』ことや、『死ぬ』こと…それらの事柄に関しては、私達は日常的にそれらのことを語る機会というのは、あまり無いかもしれません。実際にそれらを意識する、ということは、付帯した様々なことも考えなければならないからです。そして、その『考えなければならない』ことは意外な迄に多いですので、私達は敢えて日常生活において、それらのことに触れることは無いかもしれません。しかし、実際にそういった事柄に関して考えることには大いに益があります。それは、自分の将来や、生涯に関して考えているのであり、決して消極的なことを話し合おう、ということではないからです。私達がそういった事柄に関して考える際、ポイントとなるのが、自分が自分の人生をどう考えているか、という点です。誰もが、同様の人生設計、プランニングを行っているとは限りません。軽く考えている人もいれば、重く考えている人もいます。重要なのはそこではなく、それに関してどのような意識を持っているか、という点です。もしそれらを重要があること、と考えているなら、それにともなった、『生命保険』のことなども、考えるかもしれません。

いわゆる『生命保険』は、自分がどのような人生設計を立てているか、という点に関係していきます。それは、単なる手段ではなく、私達が歩む、人生を共にするものとなりますので、適当に決められるのではなく、慎重に決められるべきである、ということが分かります。